プロテイン hmb 違い

筋肉を付ける成分(栄養)
それぞれの特徴について

プロテイン、HMB、クレアチン、BCAA、これらは筋肉サプリに含まれている成分として有名ですが、それぞれの違いがはっきりと分かる人は少ないです。
ここではこれらの違いを紹介していきます。
レクチャー

プロテインとBCAA、HMBの関係とは

プロテインは筋肉の材料となるタンパク質を効率的に摂取するために開発されたものです。

 

プロテインを摂取すると体の中で消化されてアミノ酸に分解されます。

 

このアミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類(これを“BCAA”と言います)は、筋肉を構成するタンパク質に多く含まれている成分で、筋トレによる疲労感を軽減する役割があります。

 

このBCAAのうち、特に筋肉を作り出すことに関係しているロイシンから再合成されるのが「HMB」で、筋トレで筋肉が分解されてしまうのを防ぐ役割があります。

プロテインは最終的にHMBになる!

プロテイン

アミノ酸(ロイシン)

HMB

上のような過程を経てHMBが合成されますが、この合成にはそれなりの時間がかかってしまいます。

 

さらには、プロテインを摂取しても合成されるHMBの量はごくわずかなので、それなら最初からBCAAサプリ、もしくはHMBサプリを摂取した方が直接筋肉に効果をもたらすことができます。

 

ただし、HMBは摂取量やタイミングが細かく決められているものが多いので、利用する際には説明をしっかりと読みましょう。
HMBの摂取量と飲むタイミングについて

クレアチンとは

筋トレをする人にとってはクレアチンも欠かすことができません。

 

クレアチンはアミノ酸の一種で筋肉の強度を高めてくれる役割があるため、負荷の高い筋トレをすることができ、これがさらに筋肉量アップへとつながります。
筋トレ頑張り中上で説明したHMBサプリを摂取する際にはクレアチンも一緒に摂取すると、相乗効果でさらなる筋肉量アップが期待できます。

 

どちらかと言えば筋トレ歴が長い人よりも、最近筋トレを始めた人がその効果が出やすく、これが今後のやる気アップにもつながります。

 

実際に筋トレ初心者が3週間、クレアチンとHMBサプリを併用した所、体脂肪率が減少し、筋肉量が1.5キロアップしたという人もいます。

効率を考えるならHMB+クレアチン

筋トレで効率よく筋肉を増やすためには、プロテインよりもBCAAやHMBサプリを利用した方が効率的であること、またHMBを摂取するならクレアチンも一緒に摂取した方がよいことをご紹介しました。

サプリメントちなみにHMBサプリは日本で発売されてからまだ10年未満と比較的新しく、はっきりと「プロテインより効果大」と謳っている商品もあります。

特に初心者は、効率のいい筋トレ方法なんて知らないと思うので、HMBとクレアチン配合のサプリを飲みながらトレーニングをする!とにかくこれだけは必ず覚えておいてください。

 

> 筋トレ初心者にもオススメ! <
> HMB+クレアチン配合サプリ <