BCAA 効果

なぜBCAAを筋トレ時に飲むと効果的なのか?

筋トレに欠かせないといわれる「BCAA」
BCAAはどんな栄養素で、筋肉づくりにどんな効果があるのでしょう?

 

BCAAとは筋肉の合成に重要なバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類の分岐鎖アミノ酸の総称です。
筋タンパク質中の35%を占めるBCAAは、身体の中で合成できない必須アミノ酸なので食事やサプリなどの外部から補います。

 

筋肉内のタンパク質に多く含まれ、
筋肉にとって重要なアミノ酸といえるでしょう。

BCAAが筋トレ時に欠かせない理由

  • 筋肉の合成促進
  • タンパク質の分解を抑制
  • 筋疲労を軽減する
  • 筋タンパク質の合成を促す

BCAAは筋肉の合成に重要であるとともに、トレーニングで分解されるタンパク質の分解を抑制する効果があります。

 

トレーニング中は筋タンパク質の分解が通常時より促進されますが、BCAAを飲んでおくことによって分解が抑制されるのです。

 

また、事前に摂取する事によって筋疲労を軽減し筋力の回復も早くなり、実際に筋トレ後の筋肉痛が明らかに減ったという声もあるほどです。

 

BCAAのうちのロイシンはインスリン同様の作用があり、筋タンパク質の合成、筋肉の機能低下を防ぎます。
その他にも、脳の疲労を軽減させ、集中力をキープする効果もあるので、集中して筋トレに励めますね。

BCAAを飲むタイミング、一番効果的な飲み方

BCAAが筋トレに効果的なのはわかりましたが、いつ飲むのがより効果があるのでしょう。
結論から言うと、
トレーニングの前、
トレーニング中、
トレーニング後、
に摂るのが効果的です。

 

BCAAは筋肉のトレーニングで分解されるタンパク質を合成する働きがあることからも、トレーニング前にあらかじめ補給しておくことが大切です。

 

また事前に飲む事で筋疲労の軽減にもつながります。
トレーニングの前30分〜45分までに摂取しましょう。
摂取して約30分で血中濃度が最大になり、約2時間で元に戻りますので、トレーニング時間が2時間以上になる場合は、BCAAを追加摂取するといいでしょう。
1時間ごとに飲むのが、最も効果的といえます。

 

トレーニング後に飲む理由は、トレーニングで疲れた筋肉を回復する役目があるからです。
BCAAをトレーニング後に飲む事によって、疲労感が軽減し、筋肉痛も軽減されます。

 

トレーニング時に摂るには、サプリメントドリンク剤で摂るのが即効性もあり効果的です。

BCAAの摂りすぎるとどうなる?過剰摂取の副作用について

BCAAはサプリ補給する場合、用法・容量を守って飲んでいる分には副作用は考えられません。

 

しかし、BCAAは毎日の食事からも無意識に摂取している成分です。

 

そこにサプリメントでさらに補給するのですから、運動を全くしないで消費できなかったり、容量を守らず過剰摂取になる場合があります。

 

過剰摂取した場合、余ったBCAAは腎臓から排出され、肝臓にも負担がかかり腎機能、肝機能が低下する場合があるのです。

 

特に糖尿病の人や元々腎臓に疾患がある人は注意が必要で、摂取する前に病院に相談したほうがいいでしょう。
アミノ酸は不足しても体に害ですが、サプリでの過剰摂取も気をつけなければなりません。

 

兎にも角にも、用量・用法は必ず守る!コレは覚えておいてくださいね。